何回ぐらいの転職なら問題にならないのでしょうか。多すぎることは良くありませんが、3回程度なら認められます。

マネージャーに転職しよう

転職の回数は大切な要素

転職をするときは、回数のことにも注意すべきです。7回も8回も職を変えるのは考えもので、新しい会社に入るときに問題になる可能性が高くなります。入った会社でトラブルが起こって、仕事を変えているのではないかと思われてしまいます。しかし、2、3回程度の転職なら認められます。昔の日本に合った終身雇用制は完全に崩れてしまいました。現在はほとんどの人が仕事を変えることを経験しています。仕事を変えた理由は、新しい会社に入るときに質問されます。人間関係に悩んだのでと言ったネガティブな理由は避けた方が良いでしょう。たとえそのことが事実であっても別の理由を面接の時には話すべきです。転職の回数が3、4回とやや多めだったら、なぜそれほど職を変えたのだろうと思われることは間違いありません。そんな時は、新しい会社の人事部の人を納得させるような肯定的な理由をあらかじめ考えておきましょう。

現代の企業は職を変えることに、寛容になっています。たとえネガティブな理由である会社を辞めてもそれほど気にする必要はありません。新しい会社で自分の経験や知識を生かすことができたら、新しい会社にすぐに溶け込んで働くことができるようになります。

関連サイト



Copyright(c) 2017 マネージャーに転職しよう All Rights Reserved.