転職先を探すには、在職中が有利なのか退職してからの方が良いのか、またそれぞれのメリットデメリットの記事です。

マネージャーに転職しよう

転職先探しに有利なのは在職中か転職後か

転職を考える時に、在職中に転職活動をするのが良いのか、退職してからするのが良いのか悩むところです。どちらが良いかは一概に絶対に有利、と言うことは出来ません、それぞれにメリットやデメリットがあります。まず在職中の転職活動は時間の制限があることで動きにくさは有ります。企業側からすると、採用してもすぐには入社してもらえない為、急な人員不足の補充で募集をかけている場合には採用されないこともあるのです。しかし、転職したい思いがありながら、焦って仕事を辞めずに将来計画をしっかり立てている人と言う好印象は持ってもらいやすいのです。企業側の事情に左右されやすいのが在職中の転職先探しです。

では退職してからの転職活動についてはどうでしょうか。これは退職してからの期間が大きく左右します。在職中の転職の逆で、企業側としては、採用が決まれば即入社してもらえるメリットは有ります。しかし、退職してから半年以上経過している場合には、企業側からすると、何故そんなに長い間仕事が決まらなかったのかについて、不信感を持たれることもあるのです。面接の際にもその理由は聞かれることになります。その説明がしっかりできるようにしておかなければいけません。退職してからの転職活動は3か月をめどに考えましょう。


Copyright(c) 2017 マネージャーに転職しよう All Rights Reserved.