外資系の企業に転職するときに大切なことをまとめました。意志の疎通ができる英語力と実務の経験が必要になります。

マネージャーに転職しよう

外資系に転職するときに大切なこと

外資系の会社に転職するときに一番大切なことは英語力です。英語を使えなければ、外資系の会社で働くことはできません。挨拶ができる程度の英語力ではいけません。自分の意思の疎通がきちんとできる英語力が必要になります。もっとレベルの高い英語力を求められることもあります。例えば、課長のような上級職だったら、微妙なニュアンスが分かり、微妙なニュアンスを表現できる高度な英語力を求められます。外資系の会社に入る時の英語力の目安になるのはTOEICの点数です。TOEICの点数は高ければ高いほど、評価されます。800点以上あれば、外資系の会社に入るときに高く評価されることは間違いありません。800点以上取るのは容易なことではありませんが、外資系で働いていこうと思うならこのレベルを目指すべきです。600点から700点のレベルでもある程度評価されます。

外資系の会社に転職するときに必要なことがもう一つあります。それは実務の経験です。いくら英語ができても実務の経験がなかったら、入社の時に落とされる可能性があります。どんな実務経験でも構いません。英語を使った営業の経験などでも良いのです。英語力と実務の経験があれば、外資系の企業に採用されやすくなります。


Copyright(c) 2017 マネージャーに転職しよう All Rights Reserved.